infinityでもfusionでもなく…「Xbox ONE」

先日Xboxの新型がお目見えしました。
リアルタイムで見ていたのですが、あくまでもお披露目の意味合いが強く、
ゲームタイトルについてはあまり言及されませんでしたね。

XboxONEて名称だそうで、事前にリーク?されてたダサイ名前から
無事に回避されててちょっとホっとしました。Xbox infinityとかゴロ悪すぎるしね。
まぁ早速各所で略称が「バツイチ」とか「箱根」言われてますけども…

さておき、本体のスペックは現行の8倍だそうですが、
クラウド化することでマシンスペックに依存しない処理が行えるのだそうで、
場合によっては重たい物理演算処理なんかをネットワーク通してクラウド側の方で処理するため、
本体の方は負荷がかかること無く、いかんなく(場合によっては本体以上に)
その性能を発揮出来るんだそうですよ。なんだか夢の広がる話です。

メディアはブルーレイでこちらも次世代機らしい感じ。
ブルーレイはMAX100GBまでいけますから、更に綺麗な画面で遊べそうです。
でも最近思うんだけど、ただ画面が綺麗なだけだと「おー」って感じで
爆発的な驚きってなくなっちゃいましたよね。慣れって恐ろしいなってホント想います。

PS4もソフトのほとんどをネットワークで配信して、
しかも50%以上ダウンロードが完了した段階でゲームがプレイ出来て、
プレイしながらDLは勝手に進む…っていう状態にできるそうですから、
だんだんネットとゲーム機(最早WiiUもPS4もxboxもゲーム機という枠を超えたがっているようですが)は
きっても切り離せない関係になりそうですね。

でも最近のゲームどんどん容量大きくなってるから、
ネットワークの肥大化で常にバックグラウンドで起動しっぱなしにしないといけなくて、
夜中ファンがうるさくて眠れません!とか、ダウンロードに失敗しました、最初からやり直して下さい→DLし直す
→回線が混み合ってて全然DL進まない→憤慨 みたいな展開が掲示板やツイッターで展開されるのが易々と読めて、
ゲーム自体の評価に関係ない部分で「クソだな!」とか言われそう。

話反れた。

私が個人的に注目しているのはキネクトのニューバージョン。
現行のキネクトは赤外線を利用したものらしいですが、
何でもONEの方は、軍事用の技術が使用されているそうです!
ついにゲーム機がここまで!って思った。

顔の表情を読み取ることで音声認識の誤作動も減らす目的があるとか。
加えて心音もわかるそうで、ホラーゲームなんかで心拍数に応じて
恐怖度が上下するとかそういう演出が出来るわけですね。
こいつビビってないな、よーしここで驚かせるか…みたいなAI付けたらかなり面白そう。

気になる値段とかは来月のE3ですかね。
ビッグタイトルがいくつも発表されると思うので楽しみです。

Xbox Oneの新Kinectは大幅進化、表情や心拍も認識。6人同時に全身キャプチャ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする