日本bgmフィルハーモニー管弦楽団の演奏会に行ってきたよ

かなっくホールで行われた「アンサンブルコンサート III」に行ってきました。
ゲームミュージック大好き人間としては外せないなと思って。

日本BGMフィルハーモニー管弦楽団
http://jbp.or.jp/

5月の末くらいにツイッターだったかな?どこで情報を見たのかちょっと覚えていないのですが、
何気なく見た記事でゲームのアンサンブルコンサートかーおもしろそーだなーと思って、
値段も前売り2700円と良心的なお値段だったので即ペイパルで支払い。

当日は現場でチケット引き換えだったので、おそらく自由席だし
席埋まってるだろうなーと思ってたのですが、割とギリギリに行ったにも関わらず
ステージを見たらマイクも立っていなく(=アンプラグド決定)、最前列が空いてたので
これは絶対前の方がいいなと想い、かぶりつきの席に座っちゃいました。

何より今日のゲストは古代さんと植松さんのお二人ですから、
出来るだけ前で見たいというミーハー心が…(笑

演奏項目も有名ドコロばかりで安心して聞けましたよ。

ファイナルファンタジーI~VIフィールドメドレー
オープニングタイトル / 「ロマンシング サ・ガ3」より
ザナルカンドにて/ 「FinalFantasy X」より
Opa-Opa! /「ファンタジーゾーン」より
Dear My Friend /「ソニック ワールドアドベンチャー」より
風の憧憬 /「クロノ・トリガー」より
ホームタウンドミナ /「聖剣伝説 ~LEGEND OF MANA~」より 他

曲目には書いていませんが、FFのフィールドソングメドレーが良かったです。

木管五重奏って実は初めて聴いた編成だったのですが、
2,300人規模のホールに対してマイクなしのアンプラグドだったのでちょうどいい感じでした。

そして前から好きだったけど、やっぱりオーボエの音いいな~って。
あの、甘~い角がなくて伸びやかな音が大好きなんです。生で聞けてしあわせ。
最近ばたばたして静寂を味わっていなかったので、数百人居てもシーンとしている空間っていいな、と。

曲の合間には、古代さんと植松さんとの貴重なツーショットトークが!嗚呼ッ。
このトークシーン見られただけでも来た価値ありました。
ふたりとも個人的に大好きな作曲家でもあるので、なんか全然関係ないのに手に汗かいてしまいました(苦笑
現場では気が付かなかったのですが、ゼビウスでも有名な遠藤さんがいらっしゃってたみたいですね。

なんかコンサートって事で、ゆっくり聞きたいなって思って敢えて誰にも言わず誘いもしなかったのですが、
次もし機会あったら誰か誘ってみようかなって想いました。Ke誘ったら来るかな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする