あなたにピッタリのサイズは…?

今日は昼から打ち合わせだったので新宿へ。

打ち合わせしてていつも思うのですが喫茶店やら電車やらホント寒すぎなんですよ。。
夏でも建物の中にいる時は長袖が手放せません。

先日の焼き肉で調子乗って上着持って行かなかったら
案の定、週末あまり体調が宜しくなかった。
帰りに雨降ってて「涼しいし丁度いいやー」とか
思ってた私が馬鹿でした。よわっちいな。いや、冷房が効き過ぎなのだ!

新宿はちょいちょい出るものの、いつも真っ直ぐ帰路に着くのですが
夕方には終わったのでちょっと時間あるし、
たまには…とふらり服屋へ。

もう最近は自分のセンスの無さがわかっているので
選べない時は店員にすぐ聴くようにしてます。
…というか、自分に興味があまり沸かないから頓着がない、ともいう。
だって違いがようわからんもん。。餅は餅屋だ。

そしていくつかオススメ試着して上下買おうかなと思っていると店員に、
「う~~んちょっと待って下さいますか?」と言われて、
状況が解らぬまま待つことしばし。

頭に?マーク付けながら「やっぱり何か変ですかね?」と聞くと
『貴様にはそのサイズが微妙に合っておらんから裏にサイズあるか
探しに行ってやったがストックがなかった。もうしばし待って下さりがやりませんか?』的な。

胴回りがどうも合ってないような気がすると店員が言うので確認すると確かになぁ、と。
だいたい洋服屋って「わぁーお似合いですね~(棒」
→「似合ってるかよく分かんないけどまぁいいか買います(ここまでテンプレ」
が多いと思うのですが、そこは割りと合っているか確かめてくれるのでなんとなく寄ってしまうのですな。

もう細いですねといわれるのには慣れましたが、
ついにSサイズか…なんかやっぱりピンと来ない。

よく「その発言は敵を増やすから言うな」と言われますが、
太ってる人が痩せたいと思うように、痩せてる人も太りたいと思う時があるのよ、と言いたいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする