「 音楽 」一覧

hideの声がボカロで蘇る事に関して、ボカロPとしての視点での感想

ちょっと出遅れてタイムリーな話題ではないかもしれませんが、
X JAPANのhideさんの声をVOCALOIDの技術によって復活させて、
過去にリリースできなかった音源をリリースするそうですね。

元々はJa,zooに入れられる予定だった楽曲だそうですが、gyaoで音源が公開されてたので早速聞いてみました。
いやーロックンロール全開でタイトルといいこの感じといい、めっちゃ当時の匂い感じますね(笑

どうしてもVOCALOIDという単語が先走りして、昨今のバーチャル・シンガー・ソフトウェアで
作られた楽曲群のイメージ先行で皆「嫌だー」とか「死者への冒涜だ」とか語っているような方がいる気がしますが、
いわゆるボカロP(自発的に文章に書いて言うのは初めてかもしれない)と呼ばれる立場に
足を突っ込んでいる私からすれば、本当に見て欲しいのはそこじゃなくて、音声合成技術発展の素晴らしさなんですよね。

上記のソフトとはそもそものライブラリ数や動機等のの出発点が違いますし、
何よりも彼はリリースする予定でこの楽曲を書いているわけですから、
あれこれ言う前に関係者がリリースへの思いを綴ったこの記事をまず先に読むべきで、

奇跡の新曲リリース!hide生誕50周年アルバム「子 ギャル」特設サイト
 http://cogal.hide-city.com/pc/interview.html

デリケートな話題であることは間違いないんですけど、現代の技術でここまでのクオリティに
近付けたことで再び話題になる…そういうのを素直に喜ぶべきところじゃないかなーと思うのです。
先日VOCALOID4が発表されて一番注目されていた時代からずいぶんと技術も発展しましたし、
今回のhideの楽曲では未発表の技術も使用されているみたいですね。

気がつけばhideに追い付きそうな年になってしまいましたけども、
学生時代は軽音部に所属したり楽曲コピーしたりとそれなりにX JAPANフリークでしたし、
VOCALOIDも齧ったしで、これはちょっと両局面の切り口から記事にしたいなと。

楽曲を聴くと確かに切り貼り感はあるし、いわゆるパンチインアウト(というか元素材事態の差異)してる部分も
分かるんですが、この楽曲のためにライブラリ作成とボーカル編集した期間が一年以上かかっていることを考えると
どれだけ大変な作業か分かりますし、VOCALOID触った私だからこそ分かる大変さとか
母音子音の抜き差しからクセの特徴付けの凄さも十分に伝わってきます。

かなり膨大なライブラリがないとここまで近づけられなかったでしょうし、
今はボーカルトラックも編集して当たり前の時代ですから、個人的には穿った見方なしにこういうの歓迎しちゃう。

実際、何の情報もなしに楽曲を聞くと、違和感なく聴いちゃうんじゃないかなとか。
久しぶりにJa,zooが聞きたくなったわい。


今年も見逃せないプラグイン大値引き祭!ブラックフライデーが来たぞおお

毎年お財布に優しくないブラックフライデーがやってまいりました。
超簡単に言うと、音楽屋御用達のプラグインの大安売りデーです。

ただ今年は急速に円安が進んだこともあって、以前ほど安い感じではないのが痛い所。
(まぁそれでも普段よりは断然安いんですけど)

有名ドコロで行くとNIが5日間限定のセールやってたり、
Native Instruments
wavesは今年もプラグイン無償であげちゃうよキャンペーンやってますね。
Waves

まとめはICONのサイトが一番よくまとまってるみたいなのでこっちを参考に。
プラグインやソフト・シンセを激安でゲット!
2014年ブラック・フライデー〜サイバー・マンデー・セールまとめ(随時更新中

短い所だと24時間セールとかやる所あるので時差加味して考えると悩んでる場合じゃなかったりしますが、
でも悩まないと余計な買い物しそうで怖いのが恐ろしい。

ブラックフライデーとは直接関係ないですが、
毎年このシーズンに行われているToontrackのMetal Monthで遂にSDXシリーズから
新シリーズ「SDX METAL MACHINERY」が発売されました。正直これは買うわ。
METALMACHINEが個人的に好きな音なので上位互換という感じで早速導入しようかと。
金物が物足りないって感じる時があったのでこれは嬉しい発表でした。

しかし、最近プラグイン関連安いからって飛びつくと買ったことすら忘れる始末なので、
本当に使うやつだけ買うようにしないとなぁ。
パッケージがないのでシリアル整理しないと一度アンインストールするだけで使わなくなったりする怖さよ。


■ボーマス30新譜「P∴Rhythmatiq act:11」発表!

prtq0025_300px.jpg
[ P∴Rhythmatiq act:11 ]
プリズマティック ニューシングル 「プリズマティック アクト11」
Track list:
01.ワンサイドサイン music&lyric Aether_Eru
02.キロノキオク music&lyric ゆう
03.Melodia -technokut house mix- music&lyric Aether_Eru remix low(鮭P)
04.Harmonia -Aerial dance mix- music&lyric Aether_Eru remix Aether_Eru
05.ワンサイドサイン (without miku ver.)
06.キロノキオク (without miku ver.)

オーディオデモ

PRTQ-0025 / 全6曲 / 即売会価格¥500
プレスCD / 4Pブックレット
ジャケットイラスト:しろ(whitepaper)

2014/11/15(土)「THE VOC@LOiD M@STER30」
@池袋サンシャインシティ文化会館2F 展示ホールD
配置:か65 P∴Rhythmatiq

※各ショップにてCD委託頒布も予定しております。
(ボーマスの他、後述しますが冬コミでも頒布致します)

大変おまたせ致しました、プリズマティックの真髄でもある
キラキラなテクノポップ全開のシングルが完成しました。

今回はノアさんが多忙の為お休みですが、
強力なゲストとしてlowさん(鮭P)にお願いして、
以前私の楽曲「Melodia」をリミックスしてくれたものをCD収録する事になりました!

しかも今回の収録に当たって、MIXや構成を変えたものを用意してくれましたので、
聞いたことある方も改めて楽しめる作品になっていると想います。

Melodiaは私のP∴Rhythmatiq処女作でもあり、KTGさんを始めとする
色々な方にリミックスして頂いているので、こうして収録許可頂けた事を大変嬉しく思ってます!
完全にDJ用のリミックスなので、DJやられている方は是非ヘビロテして使って頂ければ嬉しいです。
(実際、現場でもKTGさんのリミックス版を色々な方がかけてくれているみたいでとっても嬉しい!)
…これは七色リミックスに続いてMelodiaリミックスも現実味を帯びてきましたね(何

関連記事:
lowさんがMelodiaをリミックスして下さいました

あまりにも久しぶりなので、作品を創っていてもプリズマティックのイメージと剥離しないよう
構築していくプレッシャーが半端無く、あーでもないこーでもないと創り直してですね…

ゆうP、Eru共に自分たちの中で予め設定していた
締め切りを超えてしまうかなり難産ではありましたが、
(久しぶりの感覚を戻す作業と、みんなの期待を裏切らないように
いい意味で進化してないといけない自分たちを、どうやって魅せていこうか
散々迷った挙句、結局はいつもとおりの方向が一番「らしい」という結論に至りました(笑))
その甲斐あって、今までの「P∴Rhythmatiqらしさ」全開のポップな楽曲に仕上がっております。

そして今や「ヤマノススメ」のアニメ化ですっかり天上人(!?)となったしろさんにも、
本当に忙しい中、時間を割いて頂いて、ジャケット絵を続投して担当頂けました!
しろさんのサイト:http://longlongtime.org/

やっぱりアクトシリーズにはしろさんに描いてもらわないと落ち着かないというか、
「間違いない」ので、こうやって今まで通りの作品に仕上げられる奇跡に感謝ですね。

これまでの当たり前を継続しつつ、新しい要素と変わらない自分たちらしさを
詰め込んだ「act:11」になります、どうぞお楽しみに!

あわせまして、無事冬コミに当選しましたので、自分たちのスペースでも頒布致します。
場所は29日(月)「東地区”ネ”-31ab Aether&PHOENIX Project
にて頒布となります、宜しくお願い致します。

応援してくださる方は以下のバナーをお持ち帰り下さいませ。
200×40サイズバナー : http://blog-imgs-50.fc2.com/p/r/q/prq/bn_small.jpg
bn_small.jpg
450×100サイズバナー : http://blog-imgs-50.fc2.com/p/r/q/prq/bn_big.jpg
bn_big.jpg