「 音楽 」一覧

■ボーマス30新譜「P∴Rhythmatiq act:11」発表!

prtq0025_300px.jpg
[ P∴Rhythmatiq act:11 ]
プリズマティック ニューシングル 「プリズマティック アクト11」
Track list:
01.ワンサイドサイン music&lyric Aether_Eru
02.キロノキオク music&lyric ゆう
03.Melodia -technokut house mix- music&lyric Aether_Eru remix low(鮭P)
04.Harmonia -Aerial dance mix- music&lyric Aether_Eru remix Aether_Eru
05.ワンサイドサイン (without miku ver.)
06.キロノキオク (without miku ver.)

オーディオデモ

PRTQ-0025 / 全6曲 / 即売会価格¥500
プレスCD / 4Pブックレット
ジャケットイラスト:しろ(whitepaper)

2014/11/15(土)「THE VOC@LOiD M@STER30」
@池袋サンシャインシティ文化会館2F 展示ホールD
配置:か65 P∴Rhythmatiq

※各ショップにてCD委託頒布も予定しております。
(ボーマスの他、後述しますが冬コミでも頒布致します)

大変おまたせ致しました、プリズマティックの真髄でもある
キラキラなテクノポップ全開のシングルが完成しました。

今回はノアさんが多忙の為お休みですが、
強力なゲストとしてlowさん(鮭P)にお願いして、
以前私の楽曲「Melodia」をリミックスしてくれたものをCD収録する事になりました!

しかも今回の収録に当たって、MIXや構成を変えたものを用意してくれましたので、
聞いたことある方も改めて楽しめる作品になっていると想います。

Melodiaは私のP∴Rhythmatiq処女作でもあり、KTGさんを始めとする
色々な方にリミックスして頂いているので、こうして収録許可頂けた事を大変嬉しく思ってます!
完全にDJ用のリミックスなので、DJやられている方は是非ヘビロテして使って頂ければ嬉しいです。
(実際、現場でもKTGさんのリミックス版を色々な方がかけてくれているみたいでとっても嬉しい!)
…これは七色リミックスに続いてMelodiaリミックスも現実味を帯びてきましたね(何

関連記事:
lowさんがMelodiaをリミックスして下さいました

あまりにも久しぶりなので、作品を創っていてもプリズマティックのイメージと剥離しないよう
構築していくプレッシャーが半端無く、あーでもないこーでもないと創り直してですね…

ゆうP、Eru共に自分たちの中で予め設定していた
締め切りを超えてしまうかなり難産ではありましたが、
(久しぶりの感覚を戻す作業と、みんなの期待を裏切らないように
いい意味で進化してないといけない自分たちを、どうやって魅せていこうか
散々迷った挙句、結局はいつもとおりの方向が一番「らしい」という結論に至りました(笑))
その甲斐あって、今までの「P∴Rhythmatiqらしさ」全開のポップな楽曲に仕上がっております。

そして今や「ヤマノススメ」のアニメ化ですっかり天上人(!?)となったしろさんにも、
本当に忙しい中、時間を割いて頂いて、ジャケット絵を続投して担当頂けました!
しろさんのサイト:http://longlongtime.org/

やっぱりアクトシリーズにはしろさんに描いてもらわないと落ち着かないというか、
「間違いない」ので、こうやって今まで通りの作品に仕上げられる奇跡に感謝ですね。

これまでの当たり前を継続しつつ、新しい要素と変わらない自分たちらしさを
詰め込んだ「act:11」になります、どうぞお楽しみに!

あわせまして、無事冬コミに当選しましたので、自分たちのスペースでも頒布致します。
場所は29日(月)「東地区”ネ”-31ab Aether&PHOENIX Project
にて頒布となります、宜しくお願い致します。

応援してくださる方は以下のバナーをお持ち帰り下さいませ。
200×40サイズバナー : http://blog-imgs-50.fc2.com/p/r/q/prq/bn_small.jpg
bn_small.jpg
450×100サイズバナー : http://blog-imgs-50.fc2.com/p/r/q/prq/bn_big.jpg
bn_big.jpg


ゲームミュージックファン必見!日本のGM界を紐解くステキな動画

久し振りに良質な動画に巡り逢えたのでご紹介。
日本のゲームミュージック歴史を紐解く動画なんですが、GMの歴史を語る上で
決して欠かせない人々が勢揃いしていて、私の大好きなコンポーザーさん達がこぞって紹介されています。


そして、世界のRED BULLが創ってる動画だけあってお金と時間がかかってる感がスゴイ(笑
キチンと色合いも創られているし、普段見慣れている日本がこれほど美しく表現されているのはなぜなんだろう。
海外から見た日本はこういう風に映っているんだろうかと感じさせてくれます。

こうやって改めて日本の映像美と共に紹介されていて、
決してゲームのチープな音とマッチングするわけがないはずなのに、
これだけ綺麗に撮られていると不思議と合っている感が出ていて本当に不思議。

前六話構成になっているので興味がある人は他の動画も是非見てみて下さい。
http://www.redbullmusicacademy.com/magazine/diggin-in-the-carts
ゲームミュージック好きなら一度は見るべき動画です。教科書みたいな良い動画。
そして、これを見ながら私は心底ゲーム音楽が好きなんだなと再認。


DJ業界は瀕死状態なのか?次々買収や売却の発表が…

全然知らなかったんですけど、
vestaxについて業務停止命令が出ていたとのニュースが。

Pioneerも先月色んなウワサが飛んだ挙句に結局海外ファンドに事業売却発表(Pioneer DJブランド自体は継続)されて、
DENONもNUMARKに買収(ブランド名はDENON DJとして継続)されてしまいましたしね。

私はPioneerを愛用していますが、どうにも良いニュースがなく残念です。
PCDJで誰でも気軽にDJ出来るようになったので、盛り上がってるのかなと勝手に思っていましたが、
音楽業界の先行き不透明感はこんなところにも地味に響いてきているのかも。