「 Game 」一覧

ゲームミュージックファン必見!日本のGM界を紐解くステキな動画

久し振りに良質な動画に巡り逢えたのでご紹介。
日本のゲームミュージック歴史を紐解く動画なんですが、GMの歴史を語る上で
決して欠かせない人々が勢揃いしていて、私の大好きなコンポーザーさん達がこぞって紹介されています。


そして、世界のRED BULLが創ってる動画だけあってお金と時間がかかってる感がスゴイ(笑
キチンと色合いも創られているし、普段見慣れている日本がこれほど美しく表現されているのはなぜなんだろう。
海外から見た日本はこういう風に映っているんだろうかと感じさせてくれます。

こうやって改めて日本の映像美と共に紹介されていて、
決してゲームのチープな音とマッチングするわけがないはずなのに、
これだけ綺麗に撮られていると不思議と合っている感が出ていて本当に不思議。

前六話構成になっているので興味がある人は他の動画も是非見てみて下さい。
http://www.redbullmusicacademy.com/magazine/diggin-in-the-carts
ゲームミュージック好きなら一度は見るべき動画です。教科書みたいな良い動画。
そして、これを見ながら私は心底ゲーム音楽が好きなんだなと再認。


今年は体感コンテンツが充実!?TGS2014行ってきた

今年もTGSに足を運んできました。

一応ビジネスデイなので関係者のみなはずなのですが、それはもう去年にも増して
人人人!当然のように一つのゲームをやるのに列に並ばないといけないので大変体力を消耗するイベントでもありました(笑

ある程度目星はつけていったのですが、やっぱりブースをうろうろしていると
「ああっ…こんなゲーム出ていたわそういえば!」とつい…ゲーマー魂に火が付いてしまうコワイバショ。

まずは横浜からTGSに合わせて臨時で出ているリムジンバスに乗り込んで現地へ。
バス、電車と違って乗り継ぐ必要もないのでオススメです。要予約らしいですが、
ガラガラだったので予約せず余裕で乗り込めました。
まぁそこでも待ち合わせたわけでもないのに去年と同じく兄と合流したんだけどね!
しかも帰りのバスまで一緒だったという、同じ血が流れているとこうなるのか…という恐ろしい例。

さておき、入り口から程近いスクエニブースに足を運んで
2014-09-18 10.21.06ドラクエ限定Ver.のPS4。
はぐれメタルは前面USB端子のカバーキャップになっているそうです。なるほど。

2014-09-18 10.29.292014-09-18 10.22.04とにかく並ばなくて済みそうなものからガツガツ攻めることに。
気になっていたブレイブリーセカンド。
音楽がREVOさんから変わってryoさんになるということでみんな心配してる面もあるかと想いますが、
ryoさんもキチンとわかっているのか世界観寄せているので安心して聞ける感じになってました。
会場うるさいのでじっくりはきけませんでしたが、戦闘曲に関してはリズムが「♪・・♪・・♪♪」の
植松さんからのお馴染みリズムでウンウンこれでヨイノダヨという曲になってました。
勝利のテーマはデフォルトの時と同じ曲でしたよ。難易度も相変わらずちょい高め。
歯ごたえのあるRPGとしてまた楽しめそうです。

お次はカプコンの大逆転裁判ブースへ。2014-09-18 10.41.41どこかで見たことある顔だな~と思ったら、
タクシューこと巧舟さんでした!ご本人が感慨深げにモニタパネル見ていたのが印象的でした。
約20分間のムービー上映ということで回転率はかなり悪め。一度並ぶとかなり待たされるかも。
逆転裁判の原点に立ち返るような雰囲気で「4」や「5」でガッカリしていた方もこれは期待してヨサゲ。
タクシューさんと小嶋さんが内容紹介しつつナルホド君らしさしっかり出ていたので続報に期待。
ここで並んでいる時にコナミブースで小嶋秀夫さんがMGSついてのトーク開始。
ウワン並んで見られないようと思ったら友人のAKKEY君がすかさずyoutubeの生放送のURLを貼ってくれました。
現地にいるのに携帯で見る不思議なライフハック。
MGS5は年内発売の噂でしたが、小嶋さんの口から来年になるとのこと。
実況プレイしながらのいつものTGS特別仕様になっておりましたが、かなり出来上がってそうな雰囲気でしたので
来年の早い段階でリリースされるのではないでしょうか。

DMMブース。ゲーム優秀賞2014にもなった「艦隊これくしょん」を始めるとする色々なブラウザゲームが展示。
2014-09-18 11.36.40艦これフィギュアがいっぱい置いてありました。ヲ級ちゃんが可愛かった。
フィギュアは全く興味ないのですが、最近のものは本当に精巧にできていますね…。

続いてPSブースへ。VITAは興味がないのでPS4のソフトへ…って思ったのですが、
これまたとんでもない列。期待していたサイコブレイクとThe orderは60分~90分待ちの状態だったので
この時点で諦め。比較的早くプレイ出来そうなUntil Dawn(ホラーゲーム)をプレイ。
2014-09-18 13.12.54サブタイトルから大体どんなゲームかはお察し下さい。
ソニーブースは2階建てになっていて二階でのプレイだったのですが、
地味に揺れるので違う恐怖感が(笑
そして何よりヘッドホンでプレイ中にコンパニオンのお姉ちゃんが「時間ですー」と
後ろから声かけられるのが一番ビビルわっていうね(何
等身大のリアルフィギュア。プレイしたかった。
並び直してDrive Clubもプレイしましたが、画よりも音のリアルさがかなり好感持てました。
あとこれもわりと難しいです。最初やった時、最下位でした(苦笑
視点切り替えも4段階位できたので自分のプレイスタイルに合わせて選べるようになってました。

そして今回の目玉でもあったVR(ヘッドマウントディスプレイ)群ですが、
SONYの「Project Morpheus」はビジネスデイということもありメディア関係者のみの体感でした…
2014-09-18 13.47.29なので写真だけ。ガッカリ過ぎる本当に。なんでや!

仕方なくもう一つのVRであるOculusブースへ。
初装着でしたが、上からかぶるゴムバンドのお陰でがっちりホールドされるので、
メガネを付けたままだと相当痛いと感じる人もいるかも(一応装着したままでもいけました

公式キャラのユニティーちゃんが歌って踊るのを最前列でお楽しみ頂けますということで
初体験してきましたが、てっきり180度くらいの視野角かと思ったら本当に上下前後360度全てカバーしているのですね。
手を伸ばせば届きそうなくらいの距離で、へぇーってなりました。想像してたよりもずっと「目の前感」を感じられる。
これは女の子が迫ってくるドキドキ感あるやもしれぬ。

…そういえば一人、オジサンが椅子から転げ落ちてたけど大丈夫だったかな(笑
まぁホントこれは装着感など改善出来ればかなり面白いコンテンツだなと想いました。

実際oculusを使用している企業はかなり数もあり、私が見た限りで4つほど
oculus使用したゲームが展示されてました。今後の注目株になるかな?

そして今年も勿論プレイしてきました、
2014-09-18 14.50.49デデンデンデデンデン(BF

面白かったのが、最初ブースに行くといきなり携帯をカメラモードにしてくれと言われ、
「何が始まるんです?」と思ったら…
2014-09-18 14.51.27皆、プレイヤー犯罪者よろしく写真を撮られます、粋な演出(笑

最早語るまでもない多人数fpsゲー。
今回はA~Dの4チームに分かれての対戦でしたが、まーた今回も素晴らしい演出がありましてな。
http://instagram.com/p/tFjcootvjX/
GoGoGo!!と急かされてゲーム機の置いてある場所へ。
BF Head Rainは英語版でしたが、相変わらずの面白さありますね。

あとはNew3DSを触りたいがためにモンハン4Gをやってきました。
2014-09-18 14.31.36触ったのは3DSLLだったのですが、
新しく付いたCスティックは想ったより硬くてググーっと強く押し込みながら動かす感じ。
ちょっとCスティックまでの距離が遠いので、女性には結構辛いかも。
「ZLボタン」「ZRボタン」も押しやすいかといわれると「あくまでもオマケ」という感じですかね。
やっぱり通常版のNew3dsを買うことにしよう。

新しい機能の一つ、顔を傾けてもどこからでも3Dに見える機能ですがこれはなかなか素晴らしい。
下に傾けても上に傾けても大丈夫でした。カメラ認識が成せる業ですね。

他にもホント色々楽しんで来ちゃいました。新しいものに触れるとテンション上がりますね。


一日で開発費5億ドルを回収した「DESTINY」を早速プレイ

PS4で何故かやたら話題になっているDESTINYをプレイ。

元々そんなにやるつもりはなかったのだけれど周りのフレンドが買うというので
私も釣られて買ってしまいました。
このゲーム、有名なfpsソフト「halo」の開発チームが手がけた作品ということで
とんでもない制作費と宣伝費をかけて制作されていたようなのですが、
前評判と開発チームのネームバリューからか、一日で開発費を回収できるほど売り上げたようです。

Bungie新作『DESTINY』、初日売り上げが5億ドルを突破 新規IPの販売記録を塗り替えるhttp://doope.jp/2014/0936740.html#more-36740

早速友人らとプレイしたのですが、目玉であるco-opが三人までのチームで
集まったフレンドが四人と絶妙に一人あぶれてしまうので2:2で別れてプレイしたりしてました。
LVやスキルに応じて勝手にマッチングしてくれるので、ぼっちでも問題なくプレイ出来ます。

次世代機ということで流石に背景は綺麗。
でも今後出てくるソフトはもっと綺麗になるんじゃないかな。

明らかにスターウォーズを意識した世界観だったり、
ハクスラのやりこみ要素を盛り込むために色んなゲームのシステムを踏襲していたり、
あぁこれは売れるわな…という納得の出来になっています。

…なんだけども、散々fpsをプレイしてきた我々は、
細かい所に手が届かない「小さな不満」がちょいちょい蓄積されて、
ほんと惜しい作品になってしまっているのがとても残念という感想でした。

読み込みがやたら長い、タワーと呼ばれるポータルのコミュニティ部分に友人とマッチング出来ない、
武器の装備が3スロットで自由に割り当て出来ない、レーダーが小さすぎて全く役に立たない、
アイテム拾った感が全くないなどなど…色々パクッ…いや、オマージュしている割に昇華できてないなーと思う次第。
今後のアップデートで色々改善される事願うばかり。

そういえば、XboxONEは初週売上台数2.3万台だったそうで。売る気無さすぎやろ。