Shreddage 2X公式無料アップデート開始!早速使ってみた

愛用しているShreddage2が、「Shreddage 2X」にアップデートされました。
しかもフリーアップデート。有難い!

Shreddage 2X FREE UPDATE – Now available!

以前「Shreddage V2」って名前でもこっそりリリースしてましたが、
今回はちゃんとアナウンスがありましたな(それだけ気合入ってるって事だろうか

5月の終わりくらい?だったか、公式が2Xにするためのパブリックベータ版を何度もリリースしており、
「バグあったら報告してね」スタイルで毎日のようにアップデートを重ね、この度晴れて正式リリースとなったようです。
私が見た時はVer.15とかだったのに、最終的にver.30まで行った模様。
そのアップデート数に比例するかのようになかなか大きなアップデートとなっています。

インターフェイスからガラリと変更。ここまで変わるのも珍しい。
2014-07-13 04.48.04
上がS2X。下がV2。(SS撮ろうと思ったんだけどVSTi画面グラボの関係だかで写らないんだった)
新しい機能がかなり追加され、使えそうな主だった所で行くと
キースイッチががっつり増えて、コード弾きもポルタメント出来るようになったり、
タッピングモード(ピロリロ出来る)が追加されてたり、「Thrash Note」なるものが出来、
速弾きで連打した時にノイズが少なく一音一音が聞き取りやすくなるモードが出来たり、
MIDIギターとの親和性を高めるために弦ごとのパラアウトが出来るようになってたり(これは使わないか…)、
これはメリットなのかデメリットなのか分からないけどピッキングハーモニクスがVel.127でなく、キースイッチ押しながらで独立しました。
説明書にはVol.127で出るよって書いてあるけど、デフォルト設定だとE0押さないと出ない仕様になってるので、
Noneにしてやれば今まで通りに出せました。

早速試しに使ってみたけど、セッティング項目が増えたことでS2よりもVel.の差でアタックがより強く出るようになった気がする。リードはどうしてものっぺりさんになりがちだったのでかなり個人的には好印象。タッピング楽しいです(笑

エフェクトがコンプとEQのみだったのが空間系含めたものに増えてたり(まぁこの辺はKontakt内蔵のを表示されるようになったって感じか)するのですが、
クイックエディットだからなのかメモリ表記が一切なくて、コンプなんか何msでかかるのかとか一切判りません(笑
あと、どうでもいいけどフレッドボードが激しく見づらい。
7弦ギターな上、なぜかレフティ配置の正面図表記。why!?
これはV-metalみたいに所持者視点の方がが良かったわ。まぁ見ないからいいけども。
詳細はyoutubeにUPされてる動画を見てもらうとして。


動画のラスト20秒で不意打ち喰らって滅茶苦茶笑った。
相変わらずここは中の人がゲーム・ミュージック大好きな模様。

しかも今回のデモ曲創った人を調べてったら、どうやら埼玉先生の事好きなようで(曲創るのにS.S.Hにインスピレーション受けたよhahahaって書いてあった)、なんだかすごいテンション上がって「もしや…!?」と思って調べてみたらやっぱりこのデモも彼でした。

当時「いいのこれ!?www」って話題になったこれも多分そうなんだろうな…(何

自分メモ:VSTiフォルダごちゃごちゃなのでこれヨサゲ。怖いので全部の作業終わってから。
http://www.native-instruments.com/de/support/knowledge-base/show/1869/ni-vst-tool-ni/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする