「 eru 」一覧

flycamでお空を飛んでみたよ

例によってaijiroと一緒に練習兼ねて出かけて来ました。
この日はたまたま天気も良くて汗ばむくらいだったのですが、
やっぱりピーカンの時は映りも最高にいいんですよねー何よりやってて気持ちいいし。

走ったり回したり色々してみたのですが、やっぱり難しい。
それよりも何よりもとにかく重たい
拙者マウスより重たいものを持てないので片手3kgオーバーは…(ry

で、aijiro君いわく、もう片方の手は添える形で本体に触れていてもいいんだそうで、
押さえちゃうと効果薄れるのでは?と思っていたのでちょっと意外。
確かに回りすぎて傾いてしまっているので意識的にやっても良さそう。
eru_2013-05-13 13.38.30
あとは逆さまもアリということを聴いて、「これ重心下にいくからラクなんじゃねぇえ!?」とか
思ったけど、結局バランスを取るためのおもりが上にもあるので関係ないのであった。

うーんやっぱり面白いなあ。私も小さいの買おうかしら…


例大祭新譜「Silent stratosphere」特設サイトオープン!

冬コミに続き、SSHこと埼玉最終兵器さんとのコラボCDを出すことになりました~!

Silent stratosphere」特設サイト
http://www.lkjp.net/rei10/

頒布開始同日よりCDを店舗委託頒布します。
また、一部同人ショップにて事前予約が開始されていますので合わせてご利用下さい。
 ■とらのあな | ■メロンブックス |■D-stage |■あきばおーこく 

まさか第二弾が出るとは!って思ってる方も多いかと想いますが、出ちゃいます。
今回は前作に比べアップテンポなアレンジを多く収録しました。
若さ溢れる作品にしたくて…というのは半ば冗談ですが、往年のSSHサウンドが好きな方には
かなり好みなアレンジになっているのではないでしょうか。
個人的にお気に入りなのは埼玉センセのリジットパラダイスのアレンジ。
この曲は最後に仕上がってきたのですが、思わず笑っちゃうくらいカッコイイ。
最近二人してローテンションのギターを使用するのがブームなのですが、
あまりにも音が低すぎて音程がわからなくなったのでキーを一個上げたりとか。
このへんは打ち込みならではの会話って感じですけども。

ジャケットも前作に引き続き夜汽車さんにお願いすることが出来ました。
ジャケデザインを毎回私が担当させてもらっているのですが、
データを受け取る度に「ウッ…」と気負いしてしまうくらいの素晴らしい描き込みで、
今回も期待を裏切らない素晴らしいジャケットとなっております。インレイからレーベル面まで全部違うイラストが
描かれておりますので、是非手に取って楽しんで頂ければと想います。
例大祭はD01「Aether&埼玉最終兵器」にて頒布致します。
書店の方にも委託頒布をお願いする予定ですー詳細決まりましたら特設サイトで追ってお知らせ致します。
スピード感と高揚感を重視した形にしているので、車の中とかで聴いてアクセル踏み込んだりしないようにネ!

前作の「Frenzy Frenzy」やHellionSounodsの東方アレンジCD「Scent Games」も
小部数になりますが持ち込みますので、まだ持ってないって方は是非。
イラストを手がけて下さった夜汽車さん(せ-16b「IKADA)の新作「álainn」も併せて頒布させて頂く予定です。
サイトでチラ見できますが、至福の時間を過ごせること間違いなしです。


埼玉最終兵器さんとのコラボCDいよいよ大詰め。

押し押しになってしまった例大祭のCDの完成がいよいよもって見えて来ました!
少し前にCDのクロスフェードデモ音源を作っていたのですが、
今回のCDのテーマが「疾走感」や「スピード感」(意味同じ?)がテーマに掲げたものだったので、
全体通して聞くとまぁアップテンポが多いこと…笑

前作の「Frenzy Frenzy」を作り終わった後くらいに、
もう1枚創っちゃおうか?ってな話がぽこっと出てきて、
私は2つ返事でOKしたのですが、久々にSSHの名前を
クレジットしたCDだったので皆の反応もお互い気になる所だったわけで…

概ね好評ではありつつも、私が比較的アゲめのアレンジ(ダブステは置いといて)にしたこともあって
埼玉君は劇的に速いテンポのアレンジを避けてくれたので、まだ何かやり足りないよねーって話に。

で、皆が求めてるものって何かねぇって二人で話した結果、
やっぱりある程度アップテンポのテンション高めの曲が
イメージ通りなんでねぇの~という話をしたので、
じゃあ次回CD出すならちょいアップテンポ気味のをやりますか!ってなことになり、
作り始めたらBPMが200超える作品がボコボコできてきたのでした。

なんか数年前のアレンジってこういうのばっかやってたよなーって感じで、
昔の埼玉最終兵器が大好きな人には是非手に取って欲しい作品になりそうです。
前作に続き夜汽車さんの描いてくれたジャケットも言わずもがなで、
この神二人が揃う現場にいち早くいられる幸福感。早く皆さんの手に届けられるようにガンバリマス。