大阪&奈良観光の旅~食い倒れない程度にぶらり旅しつつ鹿さんと戯れツアー2013~

大阪まで来たので当然のように「これは遊んで帰らねば…!」ってことで、
気心知れた友人であるGod君とAKKEY君に声をかけた所、
God君はその日東京に、AKKEY君は高槻の方にバーベキューしに行ってるという
なんとも惜しいニアミスで、二人共予定がすでに入っていてウーン!って感じだったのですが、
夜にGod君が帰ってくるタイミングで夜ご飯一緒に食べましょうとなり、
翌日は私が奈良に行くという話をしたらAKKEY君がじゃあ撮影行こうぜ!と言ってくれたので
三人で合流!とは行かなかったものの違った形でお互い時間作ってくれました、感謝!

そんなわけでイベントが終わった夜に森里さんは別の方と打ち上げがあるというのでお別れして、
一人God君と合流予定地点のなんばへ。
eru_AAAS4624なんばは数年前に
JOYH-TVことジョイ君やしろさん達と一緒に明石までカールツァイスのレンズを使用した
プラネタリウムを資料撮影に行った時に一緒に寄ったことがある場所でその時もGod君と合流して
色々案内してもらった場所なのでなんとなくは覚えていたのですがやっぱり一人で調べながら行くのと
誰かの後に付いていったのでは全く思い出し方が違うワケで…
今回は約束の時間まで二時間ほどあったので一人道頓堀へ。
eru_AAAS4625もうスマホの地図を見ながらであれはまず迷うことがないとっても良い時代になったので、
先日手に入れたばかりのiPhone5sを片手に、「グリコ 看板」とか、
ぐーぐる様に適当な検索で探してもらって(ちゃんと出てくるからスゴイ)てくてくと歩いて参りました。
eru_AAAS4630とりあえずは、とeru_AAAS4632ド定番を撮って、
eru_AAAS4629半沢とたこ焼き屋全く関係ないのに、「倍返しだ!」の便乗商法看板を見て
「ああなんかこういう商人魂の一面みると大阪来たな」って思ったり(笑
eru_AAAS4636せっかくだから(当然?)たこ焼きゲット。
連休だったこともあって常にどこも大行列だったので、並ぶのにゲンナリしつつも
アツアツの状態が食べられるからガマン。
eru_AAAS4640ウワーイ、もっと美味しそうな盛り付けかと思ったのになんかシズル感上手く出せなかった。。
てりってりのソースと、もっと大きなかつお節でフワフワと動く様を撮れれば最高でしたな。
eru_AAAS4652食後にはこちらもお約束のものを飲んで、
eru_AAAS4659再びなんばの駅前の方に移動してGod君と合流。前にも連れて行ってもらった千房というお好み焼き屋さんに行って、
eru_AAAS4664これである(安定
お互いの近況から始まって、ゲーム業界の話とかここには書けない話いっぱいしちゃいました。

やはりClan GOHの面々は、根っこが音楽とゲームで繋がった話が会う人達ばかりなので、
なんだかんだでもうすぐ10年くらいの付き合いになるけど年を重ねても「腹を割って話そう!」が出来るから楽しいんだよなぁ。

翌日は奈良観光に行くべく、一眼レフを抱えていざ出発!

父方が大阪出身ということもあって、今も大阪に住んでいる叔母の家に一泊させてもらい、
こういう機会がないとなかなか来られないので、AKKEY君と合流する前に祖父のお墓参りに。

お寺は天王寺にあるのですが、どこかしらレトロな雰囲気と少し治安の悪いような雰囲気が
入り混じった下町の空気がなんともいえずココに来る度になんだか懐かしい気持ちになります。
eru_AAAS4667この日も画像見てもらえれば分かるように
雲ひとつ無い抜けるような青空!うーんやっぱり日頃の(以下略

鶴橋駅で無事再開をはたして近鉄奈良線で東大寺のある終点近鉄奈良駅へ。
車窓からの景色もだんだんと奈良に寄るにつれて山に登っている感じがあって、
大阪の町並みが綺麗に一望出来ました。「向こう高層ビル、手前レトロな町並!」みたいな面白いコントラスト(笑

eru_AAAS4681奈良の駅についてから、まずはじめに三連休にのみ行なわれている行事「鹿の角切り」を見に春日大社へ。

バスがいいって書いてあったのですが、途中の興福寺も見たかったので歩きで。
eru_AAAS4685…と、いきなり現れるシカ達!
私、てっきり囲われた柵の中に放し飼いにされているのだとばかり思っていたのですが、
本当に奈良公園の付近一帯、道路や場所構わずシカが点在してるんですね!
世界を見ても稀有な光景らしいですが、行ってみて納得ですわ。
普通に家が立っているように、シカも自由気ままにその辺歩いてるんだもの(笑
eru_AAAS4687着物着たカップルがいたので思わず撮影してしまったのですが、
京都や奈良の古都の町並みが残る場所は着物大アリですな~素晴らしい。
eru_AAAS4691石を投げればシカに当たるだろっていうくらい本当にいっぱい居る。
eru_AAAS4778油断するとそこにいたんかい!って所から出てくる。
eru_AAAS4689そして第一目的地である春日大社到着~けど、角切り会場から本殿まで結構歩いた。
eru_AAAS4693一年でこの三連休しか公開しないので大行列。
eru_AAAS4695一日5,6回公演するようですが、見物料は1000円。なかなか強気なお値段である。

なんでツノ切るのか?っていうと、発情期のオスは相手を求めて角で突いて優劣競って争いますが、
観光名物なわけですし、人様どついて怪我させたりお互い傷つけあう事を避けるために3~10歳くらいまでのオスで
角が伸びたのを「見つけ次第」麻酔銃で捕獲して切り落とすらしい。
この見つけ次第っていうのが、その辺わらわらと自由奔放に歩いてるくらいだからまぁ確かに…っていうユルさ感じる。
eru_AAAS4700囲いの中にシカが解き放たれて捕まえるわけですが、
eru_AAAS4707勢子と呼ばれる人たちが徐々に追い詰めてゆく。
eru_AAAS4710ちょい見づらいですが、シカの角めがけて木枠を投げてひっかけて捕まえるなアナログな方法。
普段は麻酔銃。時代は変わる(何
eru_AAAS4757当然シカも大暴れでござる(脳内BGMは世界樹1のF.O.E
eru_AAAS4732数人がかりで畳み込んで、まるで警察24時で酒呑んで大暴れする犯罪者である(表現悪い
eru_AAAS4841切られるとこうなるみたいだけど、なんかチャイナ服来てる衣装のお団子頭の上(名前がわからない)みたいで、
威厳どころか可愛さすら感じるというね。チュンリー的な何か。
eru_AAAS4784ヤギじゃなくても紙は食うらしい。
eru_AAAS4789こういう風景の良さって大人にならないとわからないのよね~最高でした。

満足した一同は次なる地東大寺へ!
eru_AAAS4802みたらしの匂いに惹かれて購入。これはしずる感出てる!思ったより甘くなくて醤油味が強かった。
eru_AAAS4809阿吽(あうん)像かっこよすぎて痺れた。木彫りでどうやったらこんなに綺麗な陰影を出せるんでしょう…
こっちが口を開いている「阿吽の阿(あ)」。「ア」と「(ウ)ン」で世の初めと終りを表現しているっていう。
深いな~深いッ!笑

こういうのは本当に修学旅行とかで来てもまッッッたく興味なくて、
せんとくんや木刀とかのほうが価値が高いんだからホント人間の謎である。
eru_AAAS4833広目天とか多目天とかメガテン好きとしてはニヤっとしてしまう像ばかり。
改めてメガテンの世界は無宗教的な日本だからこそ生まれたんだと実感。
惡魔召喚とかいろいろとアレ。
そしてメインの大仏…!
eru_AAAS4821真正面から見ると一見小さく見えるのに
eru_AAAS4822横からみるとその立体感を感じられて圧倒的スケールにビビる。
これでもって疫病や天災から逃れようとする昔の人の気持ちが分かる。
そして奥に進むとやたら行列が出来てて「?」と思ったら…
eru_AAAS4830コレでした。そうだ、これを忘れていた。真実の口ならぬ、デブお断りの穴(何
後から聞いたんだけど、この柱の穴の大きさが大仏さまの鼻の穴と大きさと同じなんだってね。
ナゼ鼻なのか…鼻と聞いて、有り難みが急に薄れる感。笑 

この柱にだけ穴が空いている理由は、この方角が鬼門に当たるため邪気を通り抜けさせるためだそうです。
でもこの邪気が抜けているっていう穴を通るとご利益があるとされているっていう。
これもまた「なるほど。」と思いつつも「ん、悪い気が抜けてる場所通るの?」って二度考えちゃうっていう謎。
eru_AAAS4848興福寺に寄った頃には脚がだいぶクタクタに。
eru_AAAS4842流石にちょっと歩き疲れてきて、このシカ達のごとく帰りの電車は(˘ω˘)スヤァしてしまった。
でも天気が良かったので大変楽しめました。

eru_AAAS4865大阪戻ってきてからはAKKEY君オススメの鶴橋で焼き肉食べ放題を堪能して体力気力ともに回復!
その後は少し早い時間だったので、一杯だけ飲もうかという話になり、
なんばにゲームバーがあるというのでなんばに移動。
eru_AAAS4866遠くからでもみえるバブル時代の香り漂う赤と青のネオン管看板。
eru_AAAS4871中に入って行くと、絶対一人じゃいかないようなめちゃくちゃレトロなバーやスナックが立ち並ぶ雰囲気に。
eru_AAAS4869早速マリオカート対決…!
スーファミコントローラーの薄さと懐かしさにフウウウウ!

長くなってしまったのでここで一旦一区切り。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする