写真のリサイズとdropboxのCamera Uploads活用術[iPhone]

iPhoneについているカメラ、手軽に撮れるしなかなか優秀なのですが、
写真のサイズが約2~3MB/枚と、サッとblogに載せるにはちとサイズが大きすぎるのがネック。

いちいちコピーしてリサイズしてUPして…って流れがスゲー面倒臭いと思っていたので、
PCと同期を撮っているdropboxを上手く活用できないかと考えた結果、
撮影したファイルを勝手にUPしてくれる機能を使って、
PCに同期した画像ファイルはリサイズされていて載せやすいサイズになるようにしてみました。

具体的には「Dropresize」というリサイズソフト使用します。
このソフト、事前にリサイズする大きさと、変換するフォルダを指定しておけば
ドラッグ&ドロップで自動的に変換が始まるので、
変換するフォルダをdropboxのCamera Uploadsのフォルダに指定して、
PCのスタートアップにDropresizeのショートカットを入れておいてPCが起動すると同時に勝手に起動するように設定しておきます。
スタートアップにショートカットを入れておけばPC起動時に勝手にソフトも起動する。

そうするとiPhoneからPCに同期された瞬間に、画像ファイルは小さくなってるというワークフロー。
ちゃんとファイルサイズが小さくなってます。

これで更新も捗りますワ。

dropbox持ってない方は是非活用すると良いですよ。 

2GBが無料で使えるdropbox

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする