ステディカム初体験!Goproでスロー映像制作とか。

時間なくてまとめられてなかったのですが、
この間MVを一緒に制作したaijiro君がステディカムをGETしたという事で、
撮影のテストを兼ねて花見に行って来ました。

ステディカムはあまり馴染みのない機材ではありますが、
スタビライザーといえば少しはピンと来る方がいるかもしれませんね。

映画撮影などではもう必須アイテムといっても過言ではないでしょう。
これがまた不思議な映像が撮れるんですよ~
凄い楽しみにしてたので実際のモノを見た時の興奮度がすごかった。
eru_2013-03-26 09.31.25コレがステディカム。個人輸入で買ったらしい。
定価で買うと8万とかするのでちょっと遊びで買うには高いなーって感じなのですが、
個人輸入で買ったら半額以下だったらしいです。まぁこのテの機材はそんなものよね。
簡単に言うとヤジロベエの仕組みで上下でバランスを取ることによって
手ブレがないヌルヌルとした画が撮れるというワケ。
上手い人が撮影するとホント空飛んでるかのような映像が撮れるんですよね。

そして早速試しに取らせてもらったのですが…写真見てもらえば分かる通り、
機構的に片手で持つことが前提なのでまー重たい。とにかく重い!

カメラがレンズ込で1.5kgくらいあるので、ステディカム本体と合わせると3kgちょいあって
それを「小さく前ならえ」しながら片手で持たないといけないので、見た目以上に辛い作業。
確実に筋力と握力が付くような動作。普段マウスより重たいもの持ってないワタクシにはトテモオモタイ。

たかが3kgでしょと思うかもしれませんが、形が形だけに鉄アレイの3kgとはワケが違うわけですよ。
練習とかナシで「初めて撮った映像記念」という事で、音声切ろうか迷ったけど面白かったのでそのまま採用。
思わず苦悩の声が入ってしまっていますがまぁ気にしないでクダサイ。

聴いて頂ければ分かる通り、当日ものすごい風が吹いておりまして、
煽られまくった結果いきなりカメラが斜めに…

一応、走ったり歩いたりを繰り返しているのですが、そんな動作感を感じさせない
画になっている辺り上手く撮れて入るのかなぁと(画は思いっきり傾いているんですけどね…

地面を移さないとあんまりスピード感出ないなぁとか重心の設定考えないとなぁとか色々感じながら、
もっとスピード感が出せるように練習して、いつか自分の曲に使ってみたいなーとおもっちょります。

続いて場所を移してGoproのテスト。
某公園の池に水鳥がわんさかいて、aijiro君が
「こういうトコロにいる鳥ってエサ貰えると思ってるから寄ってくるんだよね」って言葉の通り、
ものすごい量の鳥があっという間に集まってきて、しかもaijiro君が
エサを投げる真似(実際にはなんにも撒いてない)をしたらまー面白いくらいにガーギャー寄ってくる。
すかさずGoProで120fps撮影して、美味しい映像撮らせて貰いました。
それがこちら。音ナシです、すんません。

見事にスロー映像が撮れました。羽の羽ばたきもブレることなくきっちり撮影出来てます。
いいテスト画が撮れましたーGJ。

桜とかも撮影したのですが、どうも順光の方が綺麗な画が撮れるみたいで、
何度か撮影した映像は逆光で撮影していてあまり綺麗な画ではありませんでした。
カメラは一人で行動すると割と奇異な目で見られることもあるのですが、友人といくと
その辺気にしなくていいあたり非常に有難いというかなんというか(笑

eru_2013-03-26 13.25.37綺麗な桜咲いてたので。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする