カメラの撮像素子に付いたゴミがとれないので清掃サービスに持ち込んでクリーニングしてもらった

ずっと前から気になっていた撮像素子に付着した「取れないゴミ」。

デジタル一眼レフでばしばし撮影していると、細心の注意を払っていても
ゴミ問題はどうしてもつきまといます。

せっかく綺麗な夕陽や青空を撮っても、全てを台無しにする黒い点々。
ブロアーで吹いても全く取れなくて、絞りを絞るたびに「うーん気になる…」。

超音波センサークリーニング付いてるのに何度やっても取りきれないゴミがありずっと気になっていたので、
横浜にキヤノンのサービスセンターがあるので持ち込みでセンサークリーニングに出してみました。

サービス料として1050円/回かかりますが、地味にセンサーの掃除キット買うと4000円とかするし、
失敗すると取り返しの付かないデリケートな部分なので、おとなしくサービスセンターに持ち込んだわけです。

↑こういうやつ。勿論失敗しても自己責任。

以前は西口側にあったみたいですけど、最近移転してベイクオーターのすぐ後ろの東口に引っ越してました。
サービスセンター横浜

ベイクオーターを抜けるとすぐなのですが、西口から東口へと移動するとまぁ遠いこと…(汗
ようやくたどり着いたビルは出来たばかりなのかとってもオシャンティなビルで、受付も綺麗な場所でした。

30Dと7Dの二台同時にクリーニングを注文。約二時間かかるとのことで、
久しぶりにそごうやベイクォーターをぐるぐる。
ふらっと入った喫茶店で「横浜ナポリタン」なるものを食べたのですが、すげー旨かった!
食に興味があまりない私ですが、久しぶりにパスタでヒット。あれならまた食べたい。

その後はなんとなく無印でアロマグッズを買ったりして時間を潰し、
再び受け取りに。持ち込みだと即日受け取れるのはかなりありがたいですね。

そしてラボから帰ってきた結果は「内部にまで入り込んでしまって取りきれないゴミ多数」という悲しい結果。
しかも、私がどう頑張っても取れなくてしょんぼりしてた部分。ダメじゃ~ん。
更にダメ押しで「二台ともで、特に30Dの方が酷いです」と告げられ…(使用期間が長いので当たり前ですが)

内部にまで入り込んでたらそりゃあいくらブロアーで吹こうが取れないわけです。
分解しないと取りきれないとのことで、分解するなら預かりで一週間はかかると言われてしまいました。
今渡してしまうとちょっと困るので、一旦回収してとりあえず保留。

二週間以内であれば再度無料でサービスを受けられるようなので、
用事がすんだらまた近いうちに入院させようかと想います。

安易に清掃キットで自分で処理しようとしてたら何度やっても取れなくて
壊してたかも…と思うと2100円で現状がわかったのは安かったかな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする