「Unreal Tournament」フリーゲームとして数ヶ月以内にリリースと告知

イベントがあったこともあってコメントを控えていたのですが、
先日待ちに待ったUnrealの詳細が発表され、アンリアルトーナメントというタイトルで
なんと無料でユーザーに提供されることが発表されました。

アイテム課金とかで収益を得る「Free To Play(F2P)」ではなく、完全に無料だそうで、
どこで儲けるのん?という疑問が出てきそうですが、どうやら先日発表された開発エンジン「UnrealEngine4(UE4)」を
月19ドルで提供する事によって我々でもMODなどを提供出来るようにする形で収益を得るみたいですね。
ちょっとオオゲサに言うと、「ゲーム開発に我々も加われる」ってことでしょうか。

Epic、FPS「Unreal Tournament」の新作をクラウドソーシングで開発
http://news.mynavi.jp/news/2014/05/09/051/

ファンと一緒にクリエイティブな形で収益を得ることに関しては私はかなりというか、
大いに評価したいなーと思ってます。本当に好きな人なければわざわざお金払ってまで作りたい!って思わないし、
やりたい人はゲームだけ無料で楽しめるわけですし、ユーザーの裾の広がる事に関しては
まぁ無料だとチートやらBOTやらが増える可能性もあってデメリットも当然出てくるかもしれませんが、
ぶっちゃけスポーツ系FPSに至っては一瞬で勝負が付くこともあってさほど気にならない気も。

今までUEはUT買うと付いて来ましたが、別に触らない人にとっては無用のものですから、
面白い形の未来が見えてきたなぁと個人的にはワクワクしてます。

我々のクランSSH(GOH)勢は勝手にマップの音源差し替えて自分達の
オリジナル楽曲を採用する所かCDをリリースしてしまうくらいなので、もし音楽でもMOD参戦出来るんだったらスーパー夢広がりますね。
既に解説された公式フォーラムには物凄い勢いで記事が書かれているようです。

2014-05-09 05.45.03先日のアナウンスの模様。後ろに置いてあるパネルの中に、UT3のパネルが見当たりませんが…?笑
先日、私の中でUT3が無かったことにされていたようですが、公式も無かったことにしたいようです(何

ともあれ、いつものように「さらなるブラッシュアップと..」とかいってリリース延期にならないことを祈ってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする